トップ

歯科で麻酔を行う場合

痛くない歯科治療

開業

歯科では無痛治療を行っています

歯の健康を維持するためにも定期的な歯科検診は欠かせませんが、歯の治療は神経に近い部分を削るため、強い苦痛を伴うというイメージが長年ありました。しかし現在では多くのクリニックで無痛治療を取り入れており、ほとんど痛みを感じる事無く治療を行う事ができます。歯科での無痛治療は、まず歯茎の表面に麻酔を塗る事で、麻酔注射による痛みを和らげる事から始まります。こうする事で針を刺す痛みを感じず、スムーズに痛覚を麻痺させる事が可能です。注射にも電動機械が使われ、一定の間隔で薬液を注入する事ができるよう工夫されています。

麻酔には無痛方法あります

歯科での麻酔を受ける際には、誰でも痛いという経験があると思います。それもその筈ですが、敏感な歯茎に針を刺すわけですから、痛いのは当然です。歯の治療で一番嫌なのは、歯を削るよりも、前段階のこの施術が嫌な方も多いです。ですが、歯科によってはこの施術の方法に工夫をしているところもあります。具体的には、歯茎に刺す注射針を細くすることで痛みを感じる事なく行って、注射を細かく分けて更にに痛みを軽減する方法や麻酔薬を打つところの表面の歯茎を塗り薬でしびれさせて、刺したときの痛みを感じなくさせることで治療を快適にすることができます。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科で麻酔を行う場合. All rights reserved.